お客様の声・制作実例

2018年12月1日(土)

ブロック塀に駐車場の案内看板を設置していただきました!

オリジナルプレート看板のご注文をいただきました。

~お客様より~

分かりやすい発注方法ですし、迅速な対応、親切な電話対応をしていただきました。
納品後のお願いにも快く対応してくれました。
次回も利用したいと思います。

~ スタッフより ~

アルミ複合板製プレート看板をブロック塀へ施工していただきました!

プレート看板は、屋外仕様となっております。
◆アルミ複合板は、合成樹脂をアルミ板で挟んだプレートです。
軽量ですので持ち運びや設置もしやすいです。また、屋外でも錆びにくく、耐久性抜群の看板用下地材です。
◆長期光沢塩ビシート(耐候性3年~7年)に印刷し、表面にはUVカットラミネートを加工して製作します。
UVカットラミネートを加工することで、紫外線からの色あせや、雨や汚れからも保護されます。3年~7年はきれいな状態でご使用いただけます。

ブロック塀への施工につきまして、ご案内させていただきます。

●ご希望のお客様には、プレート看板の四隅に穴あけ加工をして納品いたします。
穴あけ箇所を利用してコンクリートビスで塀に直接取り付けていただきます。
シリコンボンドを併用していただきますとしっかり固定できます。
シリコンボンドはホームセンターで市販されていますのでお客様の方でご用意くださいますようお願いいたします。

●コンクリートビスや道具が手元にない!という方は、両面テープとシリコンボンドの併用でもOKです。
看板印刷屋では、プレート看板の裏面に両面テープの貼付けを無料で受け付けています。屋外看板向けの強力粘着ですので簡単に剥がれません。

●コンクリート塀に限らず、プレート看板は上記の方法で取り付けができます。
レンガなど割れやすい素材の場合は、穴を開ける際に割れる可能性がありますので、両面テープとシリコンボンドをお使いください。
また、多少の凹凸のあるザラザラした施工面の場合も、両面テープとシリコンボンドをお使いください。シリコンボンドで凹凸を埋めて、乾くまでは両面テープで固定するという方法です。
施工する面の素材や凹凸の程度をご確認いただき、施工方法をお選びくださいませ。

[シリコンボンドの使い方]
1.下地を綺麗にします。
2.プレート看板の裏面にシリコンボンドを均一に塗ります。
※両面テープの上には塗らないようにしてください。
※分厚く塗りすぎないようにしてください。
3.壁に取り付けます。
※まずは両面テープで接着させることになります。

ボンドがゴム状になるまでに約24時間、完全に硬化するまで14日間程度かかります。

施工方法についてもわからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
無料見積りもいつでも受け付けております。

プレート看板に関するお問い合わせ・ご相談は、メール・電話・FAXから承っております。

投稿:佐藤

───────────────────────────
【商品仕様】 アルミ複合板製プレート看板3mm

素材     長期用光沢塩ビシート

サイズ    縦600mm × 横910mm

加工     四隅穴あけ・UVカットラミネートツヤ無し

デザイン   デザインもおまかせしたい

看板印刷屋のインクジェット出力専門店へ

お気軽にお問い合わせください。